犬の服・犬服やベッド・キャリーバッグ・スリングなどのペット用オリジナル商品を販売しています。
RSS
 

老犬・高齢犬のサインと老化チェック

老犬・高齢犬のサインと老化チェック

今は元気いっぱいの愛犬もいつかはやってくる高齢期。少しでも健やかに高齢期を送らせてあげる為に犬の老化について知りましょう。

一般的に、小型・中型犬で7〜8歳くらいから、大型犬で5〜6歳くらいから老齢期に入ると言われています。もちろん、犬個体によっても老化の進みは異なりますので一概に「この時期!」から老犬になるとは限りません。愛犬の状態を日々観察してケアしていきましょう。

高齢になればなるほど人間と同じで、あちこちの機能が低下してきます。人間であれば、おかしいな?と思えばすぐに病院へ行く事も出来ますが、犬は自分に不調を訴える事ができません!いつも愛犬とのスキンシップをはかり、愛犬の老化サインを見逃さないようにしましょう。

では、実際にどのような変化が起きるのでしょうか?下に上げてみますので、もしかしたら?と思ったらチェックしてみてください。

生活態度の変化

  • いつも寝ていることが多くなった。また起こしてもなかなか起きない。起きたとしても瞬きが遅い。
  • 逆に寝る時間が極端に少なくなった。
  • 昼と夜が逆転し、夜中に徘徊するようになった、または夜中に吠え出したり、鳴く。(痴呆症の疑いあり)
  • 今までは専用の場所で寝ていたのに、家族と一緒に寝たがる。甘えたがる。
  • 周囲の人(猫や犬にも)への興味が薄れる。または反応しても顔を上げるだけで近寄らない。
  • 来客や雷などの大きな音に反応しなくなる。
  • 耳が遠くなり、呼ばれていても反応しない、または反応が遅い。
  • 遊びはするものの、最初だけですぐに飽きてしまう。
  • 散歩へ行ってもすぐに帰りたがったり、その場に座りこんでしまう。
  • お出かけしても、すぐに疲れてしまっている様子。
  • トイレの我慢が出来なくなってきた、また1度してもすぐにしたがる。
  • 今まで出来ていたのに、トイレの粗相をするようになった。
  • 便秘がちになった、または量が少ない。

歩き方の変化

  • 歩くスピードが遅くなる。
  • 伏せや寝ている状態から起き上がれない、または起き上がるのに時間がかかる。
  • 今まで出来ていた階段の上り下りが出来なくなってきた
  • 寝起きに足を引きずったり、床につけない足がある。
  • オスの場合、足を上げてオシッコをすることが出来づらくなった。

目(視覚)の変化

  • 目やにが増える。
  • 目が濁ってきてる(白内障の疑いあり)
  • 目が見えづらいようで、よく物にぶつかる
  • 動くものを目で追わなくなる

食欲の変化

  • 食欲の低下、食べ物に対する興味が薄れる。
  • 逆に食欲が増加する、食べ物に執着し食べ過ぎてしまう。
  • 食べようとするが、うまく食べられない。(歯や口内の問題)
  • 食べ物の好みが急に変化した。

被毛・皮膚の変化

  • 人間と同じように白髪が目立ちはじめる。
  • 濃い毛色の犬の場合、毛の色が薄くなってくる。
  • 毛の伸びが悪い
  • 肌の張りがない
  • フケが目立ったり、逆にベトベトしている。
  • イボやシミが出てくる。

上記にあげた変化は年をとっていくことで出てくる症状や老化現象です。そのなかでも病気が原因となって起こる症状もあります。

高齢犬に最も多い病気は人間と同じく「がん」で13歳以降の超高齢犬には犬の痴呆症になる犬が多いといわれています。

犬の痴呆症の特徴は、夜中に鳴き、止めさせても鳴き止まない。トボトボと歩き、円を描きながら徘徊したり、排泄を失敗したりします。最近では症状をコントロールする薬や症状を予防するフードが開発されているそうです。また、適度に刺激を与える事も良いので、飼い主とのスキンシップをはかることも大切だそうです。この痴呆症にかかりやすい犬種は柴犬や日本犬、雑種に多く、人間と同様に食文化の欧米化に伴い食生活が変化した事が原因とも言われているそうです。

痴呆症のほかに高齢に伴いかかりやすい病気は、「心臓病(慢性心不全)」や「腎臓病(慢性腎不全)」「腫瘍(がん)」「関節疾患(関節炎・変形性関節疾患)」「糖尿病」「歯周病」「白内障」「椎間板ヘルニア」「排便・排尿障害」などがあげられます。犬種によってもかかりやすい病気や遺伝子的に持っている病気があるそうです。最近では食事療法やサプリメント、治療薬などによって改善することができるようになったそうですが、何よりも病気にかからせないことが大切ですよね?

若い頃から良質な食事と適度な運動。ワクチンなどによる病気予防と定期的な健康診断。そして様々な病気を引き起こすといわれている「肥満」にさせない事。だんだんと老年期に突入してきたら老犬用に栄養計算されたフードへ徐々に切り替えていき、年齢に伴った無理のない運動をさせたり・・・最近ではアンチエイジングのサプリメントもあるそうなので、それを取り入れてみたりなどしてみてもいいかもしれません。だんだんと寝ている事が多くなったり、目が見えづらくなってきたようであれば、今までと違う場所にものがあったらぶつかって怪我をしてしまう恐れがあるので、急な模様替えは避け、靴下などを履かせて足を保護してあげたり、ベッドやサークル内を清潔に保ってあげましょう。夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるように。12歳を過ぎたら、半年に一回は獣医師さんに診察して貰いましょう。

犬を飼うと決めたのならば、最後までケアしてあげることが大切ですね。より長く、痛む事のないように。何よりも愛犬が人生を全うするときにそばで見守って、今までの感謝の気持ちを伝えて見送ってあげたいですね。

ページトップへ