犬の服・犬服やベッド・キャリーバッグ・スリングなどのペット用オリジナル商品を販売しています。
RSS
 

ペットフード安全法について

■ ペットフード安全法について■

ペットの健康を保護し、動物の愛護に寄与するためにペットフードを規制する「愛がん動物用飼料の安全性を確保する法律(ペットフード安全法)」が成立し、2009年6月1日から施行されました。

■この法律は、ペットフードの製造の方法や表示についての基準、成分についての規格を定め、これに合わないペットフードの製造、輸入または販売を禁止するものです。

■このペットフード安全法が制定されるまでのあゆみは、2007年の3月にアメリカで有害物質(メラニン)が混入したペットフードが原因となって多数の犬や猫が死亡するなどという大規模な健康被害が発生しました。6月には問題のペットフードが日本にも輸入されている事がわかりました。この問題を契機に、ペットフードの安全確保に関する研究会などが開かれ、ついに農林水産省と環境省の共管によりこの法律が制定されました。

◆◆目的◆◆(抜粋)

愛がん動物用飼料(ペットフード)の製造等に関する規制を行うことによって、愛がん動物用飼料の安全性の確保を図り、もって愛がん動物(ペット)の健康を保護し、動物の愛護に寄与する事を目的とする。

ペットフード安全法の概要

 ★この法律の詳細については 環境省ホームページhttp://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/ または、農林水産省ホームページ index.htmlhttp://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/petfood/ をご覧ください。

★ ペットフードと一口にいっても色々な種類がありますね。皆さんはどのような基準で愛犬へ食事を選んでいますか?価格・メーカー・内容量・栄養成分など色々な選び方がありますね。今回ペットフード安全法について調べてみたら、恥ずかしながら。。今までどんなに適当に愛犬への食事を選んでいたかがわかりました。ペットフードのパッケージには表示しなければならない9つの項目がある事がわかりました。

  1. ドッグフードまたはキャットフードである旨の表示。(犬と猫では必要とする栄養素が異なるため、犬にはドッグフード、猫にはキャットフードを与えます。)
  2. ペットフードの目的(どのような目的で与えるものなのかを表示。【総合栄養食】【おやつ】【その他の目的食サプリメントなど】)
  3. 内容量の表示。製品の正味量がグラム・キログラム・ミリリットル・リットルで表示されています。
  4. 給与方法の表示。どのくらいの量をどのように与えればいいのかの目安が表示されています。
  5. 賞味期限または製造年月日の表示。
  6. 成分表示。フードに含まれている栄養素が%で表示されており、多くの場合はカロリーも表示されています。
  7. 原材料・添加物の表示。フードに含まれている量の多い順から表示されています。
  8. 原産国の表示。最終加工された国名が表示されます。最終加工とは袋詰めや包装は含まれません。
  9. 事業者の氏名または名称及び住所の表示。フードがどこの会社で作られているかがわかるように表示されています。

上記の9つの表示はペットフード公正競争規約において定められています。またペットフード安全法においても義務化されています。

★実際に販売されているドッグフードの表示を調べた見ました。

ドッグフード表示

ドッグフード表示2

■ ペットフードの名称について ■

【総合栄養食】とは犬や猫が必要とする栄養基準を満たした「毎日の主要な食事」として与える為のフードのこと。新鮮な水と一緒に与えるだけで、それぞれの成長段階における健康を維持する事ができるように理想的な栄養素がバランスよく調整されています。総合栄養食にはそのペットフードが適応する成長段階が必ず表記されています。成長段階は「幼犬期/成長期またはグロース」成犬期/維持期またはメンテナンス」「妊娠期/授乳期」に分かれています。これらの3段階全てを満たすものとして「全成長段階またはオールステージ用」があります。【総合栄養食】には「この商品にはペットフード公正取引協議会の定める分析試験及び給与試験の結果、総合栄養食の基準を満たしている事が証明されています。」と表示してあります。

【間食】とはおやつ、しつけのご褒美などとして与えられるペットフードのこと。代表的なものとしては、ガムやジャーキーなどがあり、限られた量を時間を選ばずに与えられるもの。しかし欲しがるままに与えてしまうのは肥満の原因となるので注意しましょう。「間食」の他に「おやつ」や「スナック」で表示される事も多い。

「その他の目的食」とは特定の栄養をコントロールする、カロリーを補給する、あるいは嗜好増進を目的としたペットフードです。総合栄養食ではないため、これを補う為の与えるべき食事の内容や量を明記する必要がある。表示は内容によって「一般食(おかずタイプ)」、「一般食(総合栄養食と一緒にあたえてください。)」、「栄養補完食」、「カロリー補完食」「副食」「特別療法食」「ペット用サプリメント」など表示されています。

■ 今までドッグフード屋さん(私の場合は大抵ホームセンターなどで購入)でそんなにじっくりと表示を見たことがありませんでしたが、こんな表示がされている事を知ったらいろんなメーカーのドッグフードを見てみようと思いました。ドッグフード安全法について調べたら以外とちゃんと見ていなかったドッグフードの表示のことまで勉強できて奥が深いな!と思いました。環境省や農林水産省のホームページではペットフードに関してや、ペットに関しての勉強になる資料やリーフレットが結構ありますので、御興味のある方は1度ホームページへ行ってみてくださいね。

環境省ホームページ http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/

農林水産省ホームページ http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/petfood/

ペットフード公正取引協議会 http://www.pffta.org/

ページトップへ