犬の服・犬服やベッド・キャリーバッグ・スリングなどのペット用オリジナル商品を販売しています。
RSS
 

熱中症にご用心!

★ 熱中症、日射病にご用心! 

夏場の炎天下で長時間お散歩をしたり、直射日光の当たる場所やアスファルトの上、閉め切った室内などに愛犬を放置すると、日射病や熱中症になる事がよくあります。

長毛種や毛が密に生えた犬種、太った犬種やパグなどの短頭種及び老犬や心疾患を持った犬などは特に注意が必要です。

予防策としては、夏場は暑い時間のお散歩は避けて早朝や夕方にお散歩をする。犬種によっても多少の違いはありますが、人間よりも地面(特にアスファルト)に近ければ近いほど、地面からの照り返しが強く熱さを感じますので、注意しましょう。また閉め切った部屋に放置する場合は扇風機やエアコンをかけてあげましょう。十分な水も用意しておきましょう。

犬は暑さに弱い動物だと言われていますので、十分に対策をしてあげましょう。

もし熱中症や日射病になってしまうと、呼吸が荒くなり、泡やよだれをたらすようになります。また体温が高くなり、脱水などのショック状態を起こしたりします。これらの場合にはすぐに犬を涼しい場所に移動させます。慌てずにゆっくりと犬に負担をかけないように移動させましょう。

呼吸がある程度落ち着くまで、体全体を水をかけて冷やしたり、濡れたタオルなどで体全体を包んであげるのも良いでしょう。応急処置が出来たら、水枕や保冷剤などで、体を冷やしながら病院へつれて行き、獣医師さんの指示に従いましょう。

ページトップへ