犬の服・犬服やベッド・キャリーバッグ・スリングなどのペット用オリジナル商品を販売しています。
RSS
 

トレーニングについて

■ワンコのトレーニング(しつけ)■

★正しいトレーニング(しつけ)をしよう

正しいトレーニングとは楽しいトレーニングのこと。小さなうちは遊びの時間にその基礎を学ばせるとよいでしょう。たとえば愛犬の名前を呼んで愛犬があなたのもとにやってきたら必ずほめてあげる。これも立派なトレーニングです。なかなか覚えられないからといってイライラしてはいけません。何事も毎日の積み重ねが大切です。トレーニングは、犬と飼い主との間に信頼関係があってこそ実を結ぶもの。忙しい毎日ではあっても愛犬と過ごす時間を大切にしてあげましょう。

★トレーニングのポイント!

犬には人間の言葉の意味は分かりませんが、喜んでいる・怒っているなどの飼い主の気持ちはちゃんと伝わります。ですからいいつけが守れたり、お利口にしていた時は優しくからだを撫でながらたっぷりとほめてあげましょう。ほめられると嬉しくなってやる気が起きるようになります。また、いいつけが守れなかったり、いけない事をしてしまった時にはその場ですぐに叱りましょう。後になって叱られても何に対して怒られたのか分からなくなります。叱る時は気迫に満ちた言葉や大きな音で驚かせてその行動をやめさせます。むやみに身体を叩いたりしてはダメ!犬は飼い主の言葉とその態度を関連付けて学習していきます。トレーニングにはタイミングと一貫性が重要です。また、トレーニングを行う時は、常に同じ飼い主が行なったほうが効果的です。家族の多い家庭などでは色々な人からトレーニングさせられても、誰の言うこときいていいのか犬が混乱してしまいますので、トレーニングをする人は予め家族の中で決めておきましょう。もしくは、トレーニングのルールを家庭の中で決めておいて、同じしつけを行うようにしましょう。

★トイレのレッスン

トイレのレッスンは犬が家にやって来たその日から行います。犬の仕草をよく観察して、あやしい素振り(急に色々なところの臭いを嗅ぎ出したり、ソワソワしていたりとか)をみせたらすかさずトイレに連れて行きましょう。上手に出来たらたっぷりほめてあげることを忘れずに。においのついたトイレシーツを少し残しておくと、においが目印となってトイレの場所が早く覚えられます。またトイレの場所は常に同じ場所であるように心掛けましょう。すぐに場所が変わってしまったら犬は覚えられません。落ち着いてトイレの出来る静かな場所である事も大切ですね。そして犬はきれい好きなので、トイレシーツがオシッコだらけになっていると、嫌がって違う場所にオシッコをしてしまう可能性やオシッコを我慢してしまう可能性がありますので、溜まってきたと思ったら交換してあげてきれいに保ってあげましょう。

★食事のレッスン

食事は毎日決まった時間に同じ場所で頂くのが作法です。人間の家族の食べ物を欲しがっても、食べていいのは出されたものだけ、という決まりを作り守らせましょう。与える時間が人間と同じ時間帯であるならば、人間より先に犬に食事を与えてはいけません。先に犬が食事を与えられると、犬は自分のほうが偉いと勘違いしてしまいますので、リーダーである人間の食事を先にしましょう。食事もずっと出しっぱなしにせず、20分程度と決めてそれを過ぎたら、少し厳しいかなと思っても心を鬼にして片付けてしまいましょう。これはごはんの時間とそうでない事を区別させる為に重要となります。犬に催促されても食器の前でまずお行儀よく「おすわり」をさせ、「待て!」と一旦制止して「よし!」の合図で食べさせるようにしましょう。また、勝手に食べようとしたらかわいそうでもはじめからやり直しをさせます。一度許してしまうと次も許してもらえると思ってなかなか覚えてくれなくなりますので、かわいそうと思ってもきちんと出来るまでやり直しましょう。

★「ハウス」のレッスン

「ハウス」のかけ声でサークルまたはお家に入る習慣が身についていると、何かと便利です。犬が苦手なお客さんがみえた時でも安心して招きいれる事が出来ます。最初は嫌がっても根気よくレッスンを重ね、慣れてきたら徐々にサークル内での待ち時間を長くしていきましょう。トレーニングの進め方としては「ハウス!ハウス!」と声をかけてサークルまで連れて行き、入り口で軽くお尻を押して中に入れます(あまり強制的に中に入れようとすると、嫌がって次から入りたがらなくなってしまうので、少しずつ入るようにします。)中に入ったらひとまず「ヨシヨシ」とほめてあげ、すぐに出たがっても「ハウス!」といいながら制止します。サークルの中でおとなしく出来たらまたたっぷりとほめて、中に居られる時間を少しずつのばしていきましょう。はじめの頃はおやつなどでつっても良いかも知れませんね。しかしおやつの与えすぎには注意が必要です。

★無駄吠え

無駄吠えをする原因としては恐怖心や警戒心、または家族に何かを知らせたい時などにします。ますはじめに無駄吠えをしない犬に育てる事が大切です。子犬の頃から多くの人や住んでいる町の雰囲気や騒音に慣らし些細な物音や知らない人におびえさせないようしましょう。そして吠えている時には何を訴えているのかを観察して「わかった」や「いけない」などの言葉で制止しましょう。制止して吠えるのをやめたらすぐにほめてあげて、吠えるのをやめる=ほめられるという事を覚えさせましょう。逆に吠えるのをどうしても止めないようであれば、水をかけたり不意に変な音を出したりして吠える=嫌な事が起きると認識させで吠える事を止めさせましょう。無駄吠えなどに関しては特に成犬になってからではしつけが難しいので、子犬のうちに早めに覚えさせておきましょう。

★噛み癖を直す

子犬の頃の甘噛みは歯のが痒いためや、人間の赤ちゃんと同じで、口の中での感触を楽しんでいる事がほとんどです。甘噛みは成長するによってだんだんとなくなって行きます。しかし、甘噛みと言っても痛いのは嫌ですよね?甘噛みをやめさせるには噛まれた時に「痛い」と言って痛がることを何度か繰りかえす。もしくは噛まれたら手を口の奥の方まで押し込めて、少しかわいそうですが犬に不快感を持たせたりするのも1つの手です。またガムやおもちゃを手の代わりに与えるのも良いでしょう。成犬になってからの噛むという行為は運動不足や愛情不足、防衛本能が原因と考えられます。愛犬とのスキンシップをとって愛情や運動を適度に行ってもまだ噛むようであれば何か他に原因があるのかも知れません。愛犬の行動を察知してストレスなどを与えないようにして見ましょう。それでも他の人を噛むようでしたら専門家に相談してみてもいいかも知れません。

ページトップへ